ビジネスからプライベートまで 金鐘
旅の事なら郵船トラベルへ
家族旅行、一時帰国、出張、社員旅行etc.
  お気軽にご相談下さい。
  申込み・問合せもWebからどうぞ。
文字サイズ   
[大橋街市]香港で今一番フォトジェニックな場所 9/26更新

フォトジェニック....、これは「写真向きの」「写真写りのよい」といった意味になるのですが、私は恥ずかしながらこの言葉が大好き!写真を撮って他人に見せてリア充アピールをするのではなく、自分自身で撮った写真を見返して「幸せ~」と浸る為のツール。なので、綺麗な景色やお食事の写真を撮るのも見るのも大好き。写真って時には現地に行って実際に見るよりステキに見えますしね~。
 
  という訳で。今香港で一番フォトジェニックな場所のご紹介。もうすぐ中秋の名月、そう香港で言う「中秋節」がやってきます。日本ではススキにお団子ですが香港では月餅とランタン。この中秋節のシーズンに「ランタンまみれ」の写真を撮りたいなら迷わずビクトリア公園で行われる「ランタンフェスティバル」にゴー!なんですが今年のランタンまみれはちょっと違う!
 
  場所は元朗の街市(市場)、そこのランタンを売る店がもうランタンまみれ!ランタンを売っているので当たり前なのですが、狭い通路に並ぶ何軒かの店が「これでもか!」といわんばかりにランタンを吊り下げ商売合戦。大きいものから小さいものまでカラフルにひしめき合うその景色は本当に「キレイ~!」
 
  私が撮影した日は日曜日の午後と人出がピークの時だったので多くの人が写真を撮りに押しかけ狭い通路を歩くだけでも一苦労。写真を撮りに行く場合は平日の午前か午後(お昼の買い物時間を外した)がお勧め。但し、ランタンのあまりの可愛さに購入してしまうこと間違いなし。
 
  今年の中秋節は10月4日ですので素敵な写真を撮りたい方は4日までにどうぞ。
 
    大橋街市
     住所:新界元朗橋樂坊2號地下
     時間:06:00-20:00
 
  橋本フミカ著
  PHOTO BY  Hoi Yeung Ocean Chan(美しい街市の写真)
 

[粤東磁廠]遂に行ったよ!駐在夫人に人気の食器、手書き絵付け工房。7/28更新

ずっとずっと行ってみたかった九龍湾(カオルーンベイ)にある食器屋。食器屋といってもショッピングセンターなどにあるような店舗ではなく食器の倉庫のような所にギッチリと食器が積み重ねて詰まっている倉庫兼事務所。この会社は香港の高級ホテルやレストランの陶磁器の注文を受けており、倉庫の奥では職人さん達が手書きで食器に絵付けをしている。サンプル物や日常使いに差し支えないB級品など食器好きには宝の山。香港に住む駐在夫人の間で有名らしく私もずっと行ってみたかったのですがなかなか行く機会がなくて!今回、友人が来港した時期と私の休みのタイミングがあったので遂に食器屋へ行くことができました。
 
  場所は地下鉄の九龍湾駅、A出口を出るとそのままショッピングセンター「徳福広場」につながりそこをどんどん進むと半屋外でお店が並ぶ「徳福花園」へ抜けます。そこもさらにまっすぐ進んで店の脇の階段を下ると歩道橋を渡って「徳福大廈(徳福ビル)」へ入ります。ビルを突き抜けて地上階に出るとそこは「宏開道」。ビルを出た右前方にお店が入る「九龍灣工業中心」という名の工業ビルがあります。
 
  工業ビルですから慣れない人は抵抗があるかもしれませんが、ビルの警備のおじさんに「リフトはどこ?」と遠慮なく聞いてズカズカ3階へあがってください。そして倉庫にあるような入口から店内に入ると、もう狭い中にギッチリ並んだ棚にぎっちり重なった皿やポット、カップなどの陶器類。特にルールなく並んでいるので、もう根気よく見て回るしかない!
 
  すご~~く手の込んだ手書きのポットや大きな皿、お土産にも自宅使いにもぴったりなカップなどいろいろ。ペニンシュラへ卸しているという人気の図柄が入った皿や小物もあり。今回私の狙っている品は香港のレストラン「ダドルス(Duddells)」で見たような素敵な柄が入った大きなポット。いくつか候補を見つけてお店の人にお願いして取ってもらってじっくり選ぶ。棚同士の通路が狭く食器もギッチリ並んでいるので自分で商品を取るには難易度高し。選んだいくつかの食器は入口付近にある通称「お見立て台」(ただの折り畳み式簡易テーブル)に並べてじっくり吟味。私も似たようなポットを5つ並べてどれにするかしばし悩む。結局一番手前の太っちょのポットに決定、HK$400也。こんなに面倒をかけてもお店のおばちゃんは嫌な顔ひとつせずに「ゆっくり見てね~」と本気で親切!
 
  絵付けをしている職人さんの間を静かに通り抜けて倉庫内をくまなく回る。コッソリ400ドルのポットを買った贖罪のつもりでポットの他におしゃれで可愛いミニ灰皿(1個HK$ 40前後)も旦那の為にゲット。友人は自分用の小皿やお土産用のカップ&ソーサーを購入。
 
  しかし、やはり素敵な食器は市価より安いといえども高いなぁ。私、400ドルのポットなんて普段買わないもの。でも、どうしても欲しかった!他にもおしゃれな大皿や数を揃えると可愛い小皿、シャングリラからの注文であった豪華なポット(HK$ 600)など欲しいものが沢山!ああ、現金を沢山持っていかなくてよかった。そう、この店は現金の支払いのみです。一度に数千ドル使うのは罪の意識が大きすぎるので毎回900ドル位を握って行って小出しに買い物をするか?と、相変わらず小心者の私。
 
  目的地のビルまで徒歩10分程度でショッピングセンターを抜けるので簡単に行くことができますが、たどり着く自信がない方は事前にグーグルマップなどで調べて地図をプリントアウトする方が安心かも。正直1時間半もあれば十分商品を見て回れるので午前中にちょこっと時間があれば余裕でじっくり見られますよ。
 
      粤東磁廠(YUET TUNG CHINA WORKS) 
         住所:香港九龍灣宏開道15號 九龍灣工業中心3樓1-3室
         電話:2796-1125
         時間:09:00-17:00(日・祝休み)
       HP: http://www.porcelainware.com.hk/
    
  橋本フミカ著
 

メルマガ無料登録   |   広告掲載   ||   お問い合わせ   |   ご使用条件   |   プライバシー・ポリシー サイト運営:
Copyright © 2009 The hong kong. All rights reserved.