文字サイズ   
[Japan Now~日本の最新トレンドをお知らせ]

マイクロUSBケーブルで同時に複数充電できる充電式エコ乾電池 4/17更新

充電可能な乾電池は以前もご紹介したことがあります。専用のケースにはめ込んで、そのケースをAC電源に差し込むスタイルのものでした。
 
  充電式乾電池はその後、パソコンや携帯電話が一般化するのと同時に、USBポートを利用する各種機器の充電もまた一般化したことで変化していきました。少し前には、乾電池の頭のキャップを外して直接USBポートに差し込むタイプの充電乾電池も登場して話題に。この直接差し込むタイプの充電乾電池は、手軽なところがウリでしたが、1つのUSBポートに1つの充電池しか差せないことから、効率が今一つという声もあり、人気が伸び悩んでいたようです。
 
  「充電器不要! USB充電できる乾電池」として発売されたのは5種類の充電式乾電池。単1、単3、単4といった汎用性の高いものに加えて、カメラなどのバッテリーとして使うことがある9V形や、高容量リチウム電池の18650型がラインナップしています。
 
  充電方法は乾電池側がマイクロUSBで反対側がUSB。そう、日本ではごく一般的に携帯電話などの充電に使われているあのマイクロケーブルで充電ができるのです。また、複数の股に分かれたタイプのケーブルを使えば、同時に複数本の充電が可能です。今回発売された新製品は、従来の充電式乾電池が抱えていた非効率という問題点を克服しているのです。
 
  気になる充電時間は、30分から3時間で半永久的に再利用が可能です。これ、かなりエコですね。さすがに、若干価格は高めですが、繰り返して使えることを考えると、お得感も。
 
  我が家では、複数使っているちょっと古いマウスのバッテリーの消費が早く、それなりに高性能なタイプの単4電池を常に12本セットで購入しています。これが約1,000円で1年ちょっとでなくなります。また、これらを捨てることで、どのくらい環境汚染につながるのか…。考えると怖いです。
 
  一方、この充電式乾電池単4型は2本で1,780円。2年あれば、購入価格の元は取れそうです。現在人気のあまり、あちこちで売り切れ続出のこの新製品。見かけたらぜひ購入して、お得感だけでなく、地球規模の「エコ」にも一役買っているという満足感を得ましょう。
 
   商品名:充電器不要! USB充電できる乾電池
   販売元:サンコー
   サイト:https://www.thanko.jp/
   価 格: 1,280円(18650形乾電池1本)~1,780円(単3形乾電池2本・単4形乾電池2本)
 
  佐藤あきこ著
 
 
 

メルマガ無料登録   |   広告掲載   ||   お問い合わせ   |   ご使用条件   |   プライバシー・ポリシー サイト運営:
Copyright © 2009 The hong kong. All rights reserved.