文字サイズ   
[Japan Now~日本の最新トレンドをお知らせ]

甘いトマトで、味わって血圧ケア、育ててストレスケアも 11/20更新

生鮮食品が機能性表示食品になりえるということを初めて知りました。今回ご紹介するのは、日本で11月下旬から販売が開始される中玉トマト「ひなとま GABAミディとまと(フルティカ)」です。
 
  トマトが健康に良いことは、ほとんどの人が承知していると思います。ビタミンCがたくさん含まれているため、香港の長い夏の紫外線を浴びた体には必要不可欠。周囲のご家庭では、子どもたちのオヤツとしてジップロックいっぱいのミニトマトを取り入れている例も少なくありません。そんなお子さんたちのお肌はプルプルとつややかです。
 
  でも、街市で売られている量り売りの安いトマトも、ローカルスーパーのお手頃トマトも、外資系スーパーの高価なトマトでも、その容器や袋に「機能性表示食品」と書かれたものにお目にかかった試しはありません。もちろん、この表示制度そのものが日本独自のものだろうと思われるので、それも見かけない理由の一つでしょう。でも、日本のスーパーを歩いていても、機能性表示食品の記載がある生鮮食品は決して多くないと思うのです。
 
  「ひなとま GABAミディとまと(フルティカ)」には、γ-アミノ酪酸(GABA)を含み、その働きである自律神経バランスを整える作用と、ストレス緩和による血圧降下や睡眠改善などの効果が期待されます。ようするに、ミニトマトをちょっと食べるだけで、ストレス、血圧、睡眠などの不安が解消できるかもしれないということですね。
 
  1日の理想摂取量は3~5個で130g。ここに20gのGABAが含まれるとのこと。市販の1パックには約180gのトマトが入って298円目安。かなりの甘さでトマトの酸っぱさが苦手な人でも食べやすく、皮の薄さも食べやすさにつながると宣伝されています。
 
  このトマト、もともと徳島県で作られていたフルティカという中玉サイズのトマトでしたが、その機能性関与成分内容が認められて、呼び名やパッケージなどを一新したというのが実情のようです。そしてこちら、タキイ種苗が開発した品種とのことで、蒔いて育てる種としても購入可能なのです。
 
  さすがにいかに日系スーパーであっても香港内ではそうそう購入できそうにないですし、日本のデパートでの販売が主といわれると、帰省したとしてもやはりそうそう購入できないかも。その点、ネットで注文しておいて種で持ち帰れば、年中ほぼ夏の香港。窓辺でミニ菜園を始めて、手軽に気軽にストレス対策ができそうです。
 
  個人的には、育ったトマトではなく、種としての購入がおすすめ。採り立ての美味しさも育てる楽しさも味わえますしね。
 
   商品名:ひなとま GABAミディとまと(フルティカ)
   販売元:阪急オアシス
   開 発:タキイ種苗
   サイト:http://www.takii.co.jp/tsk/phytorich/index.html
   内容量:約180g
   産 地:徳島県
   届出表示:本品にはGABAが含まれます。GABAには、血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。
 
  佐藤あきこ著
 

メルマガ無料登録   |   広告掲載   ||   お問い合わせ   |   ご使用条件   |   プライバシー・ポリシー サイト運営:
Copyright © 2009 The hong kong. All rights reserved.