お待たせいたしました!ついにスタート「リンク集」コーナー。私のホームページも参加したい!という向きは thehk@soknet.com.hk まで。
香港薀蓄話
http://www.geocities.jp/hongkongkaori/index.html
憧れていた香港生活。
これから香港に住む人、香港旅行する人、香港が好きな人にもっと香港のことを知って欲しくて、2年の香港生活でした多くの経験を元居住者の視点で紹介しています。香港の情報はもちろん、居住者だからこそ知っている耳寄りな情報、また映像など、より一層香港を知って貰えるサイトになっています。
blog版香港写真百科事典
http://blogs.yahoo.co.jp/mori2hk
観光地や有名グルメレストランからガイドブックに載らない超穴場スポットまで、日々の体験的香港を在住者が写真で紹介!。更新頻度はほぼ毎日。住んでいる人も旅行に来た人も、そして香港好きの人にも楽しんでもらえるホームページを目指して頑張っている、新しい発見が期待出来るサイトです。
香港なんでもケンショウ堂
http://homepage2.nifty.com/hongkong/
ケンショウはケンショウでも懸賞サイトではありません。香港の色々をまじめに検証しよう、香港を趣味として楽しんでしまおうという、香港ファン向け情報サイト。街で拾ったナンバープレートや、香港の人々からもらったモノを展示した「香港みちばたコレクション」。昔の大映画館の看板の写真を掲載した「ちょっと昔の香港ギャラリー」。このほか香港に関することなら、街の喧騒も、食いモンも、乗り物も、屋台も、看板も、愉しさ何でも大検証!
わたしの旅をおすそわけ
http://www5.ocn.ne.jp/~yasuh/
旅行大好き、香港大好きの管理人が、香港で見たこと感じたこと、森羅万象、なにげないことを独特の切り口でまじめに解説している。ホテルやグルメの情報も併せて紹介。これに加えて管理人が香港人と対等に「やり合う」ために通い始めた広東語学校での苦難の道も日記風に。奥深い香港の魅力と広東語学習が楽しめる一挙両得、一粒で二度おいしいサイトです。
ガイドブックにのってない香港
http://hongkong.7as.net/
香港一人旅。そのすばらしさと共にとまどった事、困った事など、ガイドブックでは教えてくれないポイントを。管理者実体験の感動と興奮のワクワク・ドキドキレポート。香港の風景写真やクチコミ情報、本人が感じたままのホテル情報も。香港旅行を計画中の人のための掲示板では、サイト訪問者との交流をとても大切にしている管理者が、実体験を素直に披露しながら、やさしくナビゲートしてくれます。
香港・中国唯我独尊
http://colorfulland.hp.infoseek.co.jp/
ディープでヘヴィーな香港・中国事情紹介サイト。日常生活の中の「笑激的」事件や、街中で見かけたおかしな日本語を集めた「ニホンコンゴ」コーナー等、誰もが爆笑うけあいのおもしろさ。在住者にも観光客にもひと味違った現地事情の理解を提供してくれます。香港映画情報や芸能情報、香港映画の舞台めぐり等、エンターテイメント事情も充実。香港在住4年の著者がこまめに更新。読めばどっぷり「香港好き」に。そんなサイトです。
GOGO香港
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/3095/
香港在住の現役ホテルウーマンが立ち上げたサイトです。ホテルで日々起こる事件や、日本語オンリー能天気お気楽受付嬢の日々のひとりごと「ホンコンひとりごち」や、ホテルを100倍上手に活用する「ホテル内緒話」など、一味違うホンコン情報がご覧になれます。また「夢見るイカズゴケ」と彼女が言う、各国で活躍する親友たちの日記の紹介もあり。
On the Street Corner Hong Kong
http://otscohk.hp.infoseek.co.jp/index.html
日本人にして外資系企業香港支社駐在中の"Moh"が香港での生活を通して考えた事、感じた事、また体験したことを基にコラムを綴ります。当サイトを訪れ少しでも香港という異文化との触れ合いを感じ取って頂ければ幸いです。
明天更好
http://www2.odn.ne.jp/kurakami
六年半の香港勤務から帰国した「Peak Tram」の作者が日本で構築したホームページ。「日本にいてふと感じる香港のこと」や「暮らしの随想」に加え、今回新たに「香港、中国地域で活躍中の日本企業のビジネスに関する論考集」と「中国ビジネス講座」が登場した。日本企業の国際化のあり方について情報発信を始めた作者、香港や中国で生活をしている人たちにエールを送りたいという熱気が伝わってくる。
沙羅支那日記
http://members.at.infoseek.co.jp/aldela/index.html
香港住在15年目にして、見栄っ張りで、ギャンブル好きのホンコンヤンに捧げるHPを作りました。まったく役に立たないページですが、ホンコンヤンに対して笑いが欲しい人に読んでほしい。そしてやがてそれが、愛おしさに変わっていくというHP。香港同様に愛する街、プ-ケットの旅行記も書いています。
新しさと古さ、九龍湾今昔物語 6/17更新

行きたい、行きたいと思っても土地が狭くて便利な香港「いつでも行けるさ、その内に行こう」と思いながら流行り廃りも早く、行かない内に早くも無くなったなんて場所が少なくない。よし、週末を利用して一気に気になっていた九龍湾エリアの探検に出かけてみた。
  駅から離れて不便という理由でなかなか行けなかったmegaBOX。香港では少ない日曜大工(DIY)の専門店もあるらしく期待大。現場への足は地下鉄九龍湾駅とショッピングセンターを往復する無料シャトルバス。週末の為かなり待つかと思われたが逆にバス増便の様子で大型バスでどんどんピストン輸送。ショッピングセンターに到着、1階、2階にあるファッション関係の店が多く出店しているフロアーのお店を見始めるが、、意外と建物内には人がまばら。あんなに沢山の人がバスで運ばれた筈なのに、、各ショップ内も殆ど客がおらず店員のみがヒマそうにしている。平日ならともかく土曜日の夕方ですよ!
  お目当ての「B&Q」はイギリスの日曜大工専門店。店内は広く2階建てのメゾネット式。3階の専門フロアーは凄い!木板や電気ドリルにタイル、電気配線用コードからトイレの便座まで!しかしこれらは、、湾仔のロックハートロードで全て揃うではないか(笑)!しかも価格はもっと安くで!ま、商品の見易さや清潔さなどはB&Qが勝りますが、さすがにここで電線等を購入する人は見かけませんでした。他にプラスティックの引き出しや簡単な整理棚なども販売されておりこちらは「實恵」や「日本城」(どちらも香港ローカルのチープ系家具、日用品ショップ)を思わせるラインナップ。
  4階はカーテンに家具や電燈など。家具は一通り揃うけど「なんちゃってIKEA」、電燈は湾仔の摩理臣山(モリソン・ヒル)の電燈ショップのノリ。いっそ各専門店に行く方がいいかも?店内をブラつくには十分楽しめるし安い物があれば衝動買いするかな?という感想。
  さてもう一軒気になる店。5階の「Spotlight」は日用品量販店。ベットカバーやタオル、食器などどこでも買える商品以外に、なんと手芸・工芸コーナーの品揃えが凄い!布やカーテン(付属品も含む)など思いもよらぬ充実ぶりにウットリ!手芸や布関係は深水[土歩]でも揃うけど、細かい商品を各店で1軒ずつ回って探すのが煩わしい!この店は例えるなら「東急ハンズ」って所でしょうか(但し手芸・工芸系のみに関してのみですが)。ハンドメイド好きは商品を眺めるだけでワクワクすることでしょう。
  他に気になったのは建物入り口脇にあるベーカリー「飽達人」。日本の小麦を使ったパン屋で試しに1つ買ってみると「ソフトでしっとり美味い!」。ショッピングセンター内のトイレは人も少なく清潔。フードコートはショップごとにテーブルが分かれていて価格は高くも安くも無い。但し10階にあるスケートリンクからは対岸の香港島を一望でき、景色の良さでは他のスケート場とは一線を画してる。
  「megaBOX」
  住所:九龍湾宏照道38號
  電話:2989-3000
  ウェブサイト:http://www.megabox.com.hk
  「B&Q」
  ウェブサイト:http://www.BnQ.com.hk
  さてmegaBOXを出てその足で新しくなった国際展貿中心へ。建物内のショッピングセンターは「EMax」。同じ考えの人が多いのか、両方をつなぐ通り道は倉庫街に似つかわしくない人の多さ。ここのショップは、、ある一店舗を除いてほぼ終わっています、、。内装も整っておらずその場しのぎの作り、何を売る店かわからない品揃えなど危ない店が。しかし4階にあるペットショップ「PetMAX」は動物好きには楽しめる場所。大きなフロアーに幾つかのペットショップが同居、店内にはペット用トイレシートが各所に備え付けられ基本的に犬を売り場内で放してOK。屋外の広いプレイグランドで犬と遊ぶことも可能。(グラウンド使用は会員のみ無料)ショップの中で目を引いたのは、街で売られている人間用の食べ物より高額にてお犬様用の手作りケーキや食事を販売する「Three Dog Bakery」。とってもおいしそう~!PetMAXを出た所にはお犬様用のフォトスタジオまで。貸衣装を着たお犬様がかしこまって、ではなく嫌々ポーズを取らされています(笑)。
  「EMax」(国際展貿中心)
  住所:九龍灣展貿徑一號
  ウェブサイト:http://www.hitec.com.hk/tc/index.htm
  「PetMAX」
  ウェブサイト:http://www.petmaxhk.com
  「Three Dog Bakery」
  ウェブサイト:http://www.threedog.com
  2件のショッピングセンターめぐりが終わったところでお腹が減ってきた。そうだ!久しぶりに「牛頭角下邨」の屋台へ行こう。SARSの頃は客が激減、大きな被害を受けましたが今は屋台街は元気に復活。露天レストランは人で賑わい、屋台で軽食を売る店の周りには多くの人が集まる。私も友人お勧めの屋台でシューマイを立ち食いしたり豆乳を飲んだり。街灯の明かりに照らされた一角を眺めていると香港に来た当時の生活を思い出させ暫し懐かしい気分に。ちょっぴり思い出のあるこのエリアも政府の再開発が決定しており本年度末には取り壊しが決定。新旧入れ替わりが激しい香港でまた古い街がひとつ消えてゆきます。
  橋本フミカ著

メルマガ無料登録   |   広告掲載   ||   お問い合わせ   |   ご使用条件   |   プライバシー・ポリシー サイト運営:
Copyright © 2009 The hong kong. All rights reserved.